キャッシングなら村さ来など飲食チェーンを持つ消費者金融で

キャッシングを行う場合、利用者の視点から気になるポイントとして「キャッシングを行う消費者金融が
安全な企業であるか」また「キャッシングを行っているという事が他人にバレないか」という2点が
挙げられます。

かつて居酒屋チェーン店の御三家と呼ばれた村さ来を運営していた、新生銀行レイクであれば
消費者金融を専門とせず、利用者の口コミで業績が左右する飲食チェーンも経営していた背景から
充分に安全と考えられます。

また、通常キャッシングを行う場合は専用のカードが必要となり、常に財布に入れている必要が
ありますが、友人や彼女と食事をした際に財布からカードが見えてバレたという話が後を絶ちません。

その点も、新生銀行レイクであれば会社名にもなっている新生銀行のキャッシュカードと一体化しており
見た目は完全に銀行のキャッシュカードでしかありませんので、上記のような財布から見えてバレるという
心配も一切ありませんし、一般的なコンビニATMも使用出来るので不安を一掃出来るカードと
考えられます。

コメントは受け付けていません。